■組織
・会長あいさつ

 本市中学校の運動部活動を振興し、体力の向上を図るとともにスポーツ精神を養うことを目的として設立された福岡市中学校体育連盟は、昭和47年の政令指定都市昇格に伴う組織改編の流れの中で、福岡地区中学校体育連盟から独立し、単独で福岡県中学校体育連盟に加盟して今年度で69年目を迎えました。

 本連盟の黎明期より、これまで組織の充実と発展にご尽力いただくとともに、輝かしい歴史と伝統を築き上げてこられた歴代会長はじめ役員の皆様方、各学校で直接指導に携わってこられた顧問の先生方、外部指導者の皆様方に心から敬意と謝意を表します。

 さて、中学校教育において大きな役割を果たしている部活動は、先の学習指導要領改訂で、学校教育の一環としての位置づけが明確にとなり、「教育課程との関連が図られるように留意すること」と記されております。特に、運動部活動は、生徒自身が自分の適正や興味・関心等を追求する中で、スポーツ特有の技術や態度を習得するとともに、責任感や連帯感、好ましい人間関係や社会性を育み、心身共に健全で生涯にわたってスポーツに親しむことができる生徒の育成に大きく貢献するものであります。

 本市中学校体育連盟としましても、このような部活動の意義や役割を改めて、認識するとともに、これまでも推進してきた運動部活動のさらなる充実と発展にむけ,本年度も様々な事業を行っていく所存です。これからも皆様のご支援とご協力を賜りますようお願いいたします。

 最後になりますが、本連盟の代表的な事業であり生徒達の大きな目標である「福岡市中学校総合体育大会」が、7月4日(土)に九電記念体育館で開催される開会式を皮切りにスタートします。

 今年も福岡市内全83校の選手が21競技種目において熱戦を展開いたしますが、例年、この大会を通して仲間との強い絆や団結、学校の垣根を越えた生徒相互の交流が深まるとともに、生徒たちのひたむきな姿が多くの方々の共感や感動を呼んでおります。

 会場に足を運んでいただき、お時間の許すかぎり、生徒達に温かいご声援をいただけましたら幸いです。

福岡市中学校体育連盟 会長 梅田英一郎
平成27年4月